投稿

5月, 2012の投稿を表示しています

「変な大人」が子どもを癒す〜「変な大人」論①

イメージ
■一般化される居場所/生活支援

昨夜の夜から、また実家の香川県に帰省している。夕方新大阪から新幹線に飛び乗り、21時頃地元の駅に到着したのだが、当然タクシーなどいるはずもなく、まっくらな田舎の道をとぼとぼとウォーキングした。
大病のあと、僕にとってくらやみはそれほど不気味ではなく、むしろなんとなく「帰ってきた」感が高揚して気持ちいい。
こわいのは、後ろから走ってくる、クルマ。夜中、くらやみの中をそうしたクルマは猛スピードで僕を追い抜いていく。人が一番怖い。

昨日一昨日の週末は、経営コンサルタントと語り合ったり、発達障害に関する熱い研究会を開催したり、スタッフ研修を開いたりと、実に濃密な時間を過ごした。
なかでも、昨日午後行なったスタッフ研修は、「居場所〜生活支援」をテーマとしたものだった。本ブログのネタにもふさわしいと思うので、少し報告しておこう。

簡単な講義の後、僕が質問したのは2点だった。一つは「居場所に配置するスタッフ数」、もう一つは「専門資格による違いとは」だった。
居場所=生活支援の有効性がまだ定着していないから、これらは当然マニアックな議論になるが、本当にこのまま若者問題が拡大・定着すれば(僕はそうなると思う)、これらはいずれは一般化されていく問題だ。

■生活支援がプラッツは得意

これまで当ブログで時々書いてきたものをおさらいすると、子ども・若者支援には、①アウトリーチ、②生活支援、③就労(学)支援の三段階がある。
詳しくは「スモールステップ支援スケール Ver.1.0」http://toroo4ever.blogspot.jp/2011/12/ver10.htmlを参考にしていただきたいが、現在③は充実し始め、①の重要性に社会は気づき始めている段階だ。
だが、①と③をつなぐ役割をする②が、まだまったく理論化されておらず、その重要性が明確になっていない。①が成功してもいきなり③に放りこめば挫折する確率が高くなる。

そして、淡路プラッツの最も得意とする支援は②だ。②の有効性を知っているプラッツには、それを広く発信していく役割が求められていると僕は思い、講演活動などではスタッフが積極的にこれらを伝えるようにしている。

で、昨日の僕の質問に戻ると、一つ目の居場所のスタッフ数=若者一人あたりのスタッフ数は、生活支援がなんらかの公的支援になった場合、避けて通れ…

40代〜そこからどう結実するか

イメージ
この前買った『インサイドアップル』(早川書房)の書評をしようと思ってだいたい読んだのだが、同書のポイントである「アップルの組織形態」よりも、そうした独特の組織をつくらざるをえなかった(というより、今の組織形態にするためにいろいろな人を追放した)スティーブ・ジョブズの生き方にどうしても興味が移ってしまう。

まだ半分支援者の僕としては、ジョブズのような激しい性格の人に対して少し専門的見方もしてしまいそうになるが、そこはぐっと我慢してジョブズの人生を振り返ってみると、彼がiMacとOS-Xでアップルに華々しく復帰したのは、42才の頃だった。
そこから56才で亡くなるまで、わずか14年間。
でもよく考えてみると、29才から41才まではNeXTを設立したり家族を形成したりしてはいるが、基本的に地味〜な12年間を過ごしている(地味といっても、現在のOSの雛形の開発とかCGアニメのPIXARも設立したりしているので異形ではあるのだが)。

ジョブズの第一の成功は早く、25才にしてすでに億万長者になっている。そこから4年後にアップルを追い出され、地味〜な30代を過ごし、42才以降はスパークし続け、50才前より癌との闘病が始まる。

そういえば、『失われた時を求めて』の岩波新訳版も最近僕は読み始めたのだが(同作はいまだ完読できない)、作者マルセル・プルーストも、第一巻『スワン家の方へ』を出版したのが41才の時。51才の若さで病没するまで同作を書き続けた。
資産家に生まれたプルーストは生涯働いたことがない。まるで、『失われた時を求めて』の題材を得るための40年間を過ごし、その題材を元に40代をスパークさせ、50才になってすぐに病没した。

ジョブズやプルーストのような社会的成功者の人生をそのまま我々庶民の人生と類比させるつもりはないのだが、 かれら有名人だけではなく、人生とは、意外と40代以降にスパークするものなのだ、ということを最近僕はしみじみ考える。

たとえば僕自身、淡路プラッツの代表になったのが38才の時だった。その2年前の36才の時に、恩人の蓮井学塾長が病没し、僕はプラッツの非常勤スタッフになっていた。

その頃僕は、自分の人生を模索しており、大阪大学で臨床哲学を学び始めていた。心理学でもなく、社会福祉でもない、それら学問群を「基礎づける」最も根源的ジャンルである「哲学」しかない、…

僕にとっては、「文芸部」が大学中退予防の砦になった

イメージ
■3畳部屋とドストエフスキー

昨日の日曜日、大学時代のクラブの後輩2人と、琵琶湖の畔にあるプリンスホテルにて、プチ同窓会ランチみたいなのを楽しんできた。
僕は、講演活動やFacebookの最終学歴では大阪大学大学院臨床哲学という厳ついものになっているが、最初の大学は龍谷大学という京都にあるフツーの私立大学の、しかも心理学や哲学ではない、フツーの経済学部出身だ。
龍谷大学はもちろん第一志望でなく(立命館は見事撃沈)、かといって浪人させてもらえるほど実家は豊かではなかったから(&18才の僕は一刻も早く実家を出たかったから)、少しためらいながらも高校を出てストレートで入ったのが、京都の伏見区にある第二志望の龍谷大学なのであった。 そこで4年過ごし、バブル期どまんなかの時期に、京都の地味〜な出版社に就職し、そこを1年でやめて、その地味〜な出版社で出会った友人(当ブログにも度々登場する松本君)とともにつくった個人出版社が「さいろ社」というわけなのであった。
龍谷大学は、4回生卒業時においては僕にとって最高の大学になっていたが、1回生時は、それはそれはブラックで希望のない、超ダサ〜い大学だった。いや、龍大がブラックというのではなく、思春期を延々引っ張っていた当時の僕がブラックだったという意味で。
1回生時は友だちもほとんどおらず、1日1時限だけ必修科目に出席してぎりぎりの単位をキープしながら、なんとか日々を過ごしていた。 バイトもする気にならず(本音をいうとバイトするのが怖かった)、親からの仕送りをギリギリに絞って生活していた。月末などは近所の定食屋で1日1食というのはザラ。
3畳部屋で共同風呂・トイレという、当時としても珍しい超学生寮みたいなところで暮らしており、その寮自体は学生たちで賑やかだったけれども、僕はいつも一人で部屋にこもり、ヘッドフォンをして音楽を聞いていた。 当時はまだ「ロックミュージック」の思想性が信じられていた時代で、つまりロック=反体制=ここではない自分探しみたいなのが素朴に信じられていたし(『ロッキング・オン』が急拡大していた時代)、僕も信じていた。だからヘッドフォンの中では、ジョンレノン、パブリック・イメージ・リミテッド、ポップグループ、そして初期のRCサクセションなどが鳴り響いていた。ああ恥ずかしい……。
そんな時代にドストエフスキーや埴谷唯高を…

オルタナティブNPOとシェアNPO〜2世代のNPOは「つながる」か〜

■オルタナティブとシェア

昨日は休みのわりにはアクティブで、午前中は自宅にて、井村良英さん(NPO育て上げネット/元プラッツ2代目塾長)と金城隆一さん(NPOちゅらゆい/元プラッツ3代目塾長)と僕の三人で、2000年に49才で病没した淡路プラッツ初代塾長の蓮井学さんを偲んで「スカイプミーティング」を行なった。

そのあと神戸元町へと向かい、Facebookでお誘いいただいた加藤徹生さんの「社会起業」をテーマにしたミニ講演会というかワークショップに参加した(加藤さんとは初めて会った。氏の著書には『辺境から世界を変える』他がある)。
このふたつを通して、ここのところ考えていた、現在日本に存在するNPOの、ふたつの傾向について整理できたので簡単に書いておこう。
日本には4万ほどのNPOがあるらしいが、これらは大きく分けて2つのタイプがあると思う(いつも僕が書いている経営・財政的な側面からではなく、いわば「思想的」側面から見て)。 ひとつは、「オルタナティブ」なNPOで、もうひとつは「シェア」なNPOだ。 前者は主として団塊の世代が担い、後者は団塊ジュニアの世代が担っている。

■オルタナNPOとシェアNPOの差異
オルタナティブNPOは、行政システムや企業文化とは違う、文字通り「別の」システムや文化を提案していく。これはカウンターカルチャーや反体制文化とも結びつき、環境・教育・農業・平和などの分野で現代的展開を行なっていると思う。 元々は団塊・全共闘世代による市民運動から発展してきたものだ。
シェアNPOは、最近現れた「シェア」という新しい価値を伴う動きではあるが、最も現代的ムーブメントでもある。「シェア」とは分け合う・共有するという意味で、SNSの大手Facebookがもつ代表的な機能だ。 これは利用者がお薦めする情報を、それぞれ勝手気ままに自分の「友だち」に提供していくものだが、この機能により、チュニジアやエジプトの「アラブの春」が導かれるなど、Facebookはこの機能が持つパワーにより注目され、そのことでさらに利用者を急拡大させていった。
35才前後の団塊ジュニアが担うシェアNPOは、この「情報・価値を共有する」ということで一致しており、行政や企業とはアンチやカウンターではなく、ともに利益をシェアする方向で動く。 同業のNPO同士や、他ジャンルのNPO同士であって…

「友だち」が多すぎて〜『GANTZ』『ワンピース』、Facebook

イメージ
■決断主義と『GANTZ』

この前また衝動的に『GANTZ』の最新刊(33巻)を買い、そのあまりの駄作ぶりにFacebookでも嘆息しまくったのであるが、その勢いでこのブログでも『GANTZ』について書こうと思っていた。

Facebookではこんなことを書いた。
単にエログロ好きで絵が結構上手な作者が、「ジャンプパターン」(友情・努力・勝利)+エログロで売れたものの、これまたいつものジャンプパターンで、終わりどころ・引き際を決めることができなくて迷走している。

いつものジャンプパターンでは唐突あるいは何となく終わっていくのであるが、『GANTZ』はなぜかひたすら物語規模が拡大して(どちらかというとエロよりはグロテスクの拡大で)続いている。
この「中身はないのに続くこと」自体がかなり現代的なのではと、32・33巻を読み終わって感じたのであった。

「決断主義」の代表作といわれる『GANTZ』が終わらず延々と続くこと自体、「物語」よりも「状況ごとの人物の判断・行動」を読者は楽しんでいるのでは、と僕は思っている。
つまり、ストーリーよりもキャラのその場その場の行動(決断)を、今の読者=若者は支持しているということだ。

■登場人物の限界数

だがもうひとつ気になる点が『GANTZ』にはある。いや、最近の『ワンピース』にもこれは当てはまる。
それは、「物語を推し進める『友だち』=集団の数は何人までが限界なのか」ということだ。

最近の『GANTZ』は物語が巨大化し、ということは登場人物の数も異常に増殖してしまい、誰がタエちゃんで誰が玄野かあまりわからなくなってしまった。
どれだけ作者が絵が上手でも、これだけ物語が複雑化し場面設定がコロコロ変化すると、絵だけで人物を見分けることは難しい(『GANTZ』の映画版は少人数設定に徹しているので漫画よりもおもしろかったりする。まあ漫画も初期の少人数バージョンはおもしろかったか)。

これは『ワンピース』にもいえ、初期の主要人物があまり出てこなくなったこの前までの山場(ルフィの兄のエースが死ぬシーンを頂点とする)では、キャラクターの区別がほとんどつかなくなった。

『ワンピース』は『GANTZ』と違って、超個性的なキャラの描き分けをしている、にもかかわらずだ。
これは、『GANTZ』以上にシーンの切り替えが頻繁なのと、ジャンプコミックスの版型の…