投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

「黒田官兵衛」はソーシャルセクターにこそ必要〜NPO参謀論①

イメージ
なぜか、ダウンタウンまっちゃんはクロカン好きらしい。 youtubeでも話題になっている。


■「中国大返し」までは

NHKの大河ドラマ「黒田官兵衛」は、組織の「参謀」を描くドラマだと思うので、ちょっと期待して見始めた。
岡田准一のかっこよさばかりに見とれていて、まだ「参謀劇」は出現していないが、明智光秀討伐を秀吉に進言して「中国大返し」を成功させるところあたりまでは追っかけようかなと思っている。

この頃僕は、「高校生居場所カフェ」事業(大阪府立西成高校以外にも、箕面東高校・桃谷高校、その他「居場所カフェキャラバン」でお世話になる5校などhttps://www.facebook.com/pages/高校生居場所カフェプロジェクト/580149065383345)において、日々高校生たちと「サードプレイス」スタッフらしいトークを繰り広げているのだが、一方では行政機関やNPOなどのソーシャルセクターへの「コンサルティング」的仕事もしている。

そのなかで、ソーシャルセクターにおける組織のあり方を一般化しておくことが必要だと痛感するようになった。
特に、黒田官兵衛的「参謀」を組織のどこにおくか、ということが、通常の会社だけではなく、いや「社会貢献」という目に見えないものを中心にするソーシャルセクターだからこそ、決断役の「リーダー」を補佐する「参謀」役の必要性を感じる。

■ソーシャルセクターの組織

NPO等のソーシャルセクターは、基本的に「事業」から成り立っている。
が、その事業をさらに細かく見ていくと、数名の現場支援スタッフと1人のリーダーからなる「班」や「チーム」、その呼び方はなんでもいいが、数名のユニットが基本細胞として組織される。
この基本ユニットが、ソーシャルセクターの最小単位になる。

それら基本ユニットがいくつか集まったものが「事業」になる。
事業によっては、いくつものユニットで組織されるものもあるし、ひとつのユニットだけのものもある。

また、その基本ユニットは「事業」には入らず、「機能別組織」たとえば「財務」「総務」「人事」「広報」「企画」といった部署の名で呼ばれることもあるだろう。
どちらにしろ基本ユニットは2〜5名程度でおさまると思う。

ただし、機能別組織をつくらざるをえないほど大きくなっているソーシャルセクターのほうが今のところは少ない。
ほとんどのNPO等のソーシャルセクターは、数名の基…

ソーシャルセクター分類表ver.1.0

■「Yahoo!ニュース個人」との棲み分け

昨日「Yahoo!ニュース個人」の関西執筆者の集いが大阪・梅田であり、僕も出席してきた。
Yahoo!さんは僕が想像していたよりもはるかに大きなビジョンを掲げて同プロジェクトを進行していることを知ってうれしかったのだが、担当者の方々のお話を聞くにつれ、「Yahoo!ニュース個人(Yahoo!ブログというと一般の個人ブログと同じになるのできちんと使い分けたほうがいいらしい)と、今までのGoogleブログの差異化を図らなければいけない」と痛感して帰ってきたのだった。

ニュース性や時事性の高い「Yahoo!ニュース個人」と差別化するためにも、前回のこのGoogleブログで書いたとおり、このGoogleブログではよりマニアックな路線で突っ走ったほうがよさそうだ。
いくら内容によってはBLOGOSさん(http://blogos.com/blogger/tanakatosihide/article/←ここにはYahoo!だけでなく、このGoogleブログからも転載される)のほうに転載されるといっても欲を出すことなく、時事性が強いものはYahoo!、マニアックなものはこのGoogleでと棲み分けていくことにしよう。

■出た!! 超マニアック表

よって今回は、ここのところずっとこだわってきた「ソーシャルセクター」について、超〜マニアックな一覧表を作ってみた。こんなの誰がおもしろがるんだか。

ミッションがあとまわしになる、ソーシャルセクターの3つの理由

イメージ
■Googleブログは500アクセスだからこそマニアックに

前回の年始の当Googleブログで「新ビジョン・ミッション・行動指針」を書いたのだが(新ビジョン・新ミッション・新行動指針)、ああした「ビジョン→ミッション→行動指針→戦略(法人戦略→各「事業」戦略/各「機能別(財務・マーケティング・企画等)」戦略)という「落し込み」のかたちに、やっと当ドーナツトークもたどり着くことができたと、実は感慨深い。

このGoogleブログは、時事問題(階級社会から発達障がいまで幅広い)を扱うYahoo!ブログ(http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakatoshihide/)とは違って、ソーシャルセクター経営論やアニメ論までできるだけマニアックな路線で書いていこうと思っている。

Yahoo!ブログは5,000程度のアクセス数があるが、当Googleブログは500あったらいいほうだ。
が、3年前の脳出血後からこのブログを始めたおかげでここまで回復できたという思いが僕にはあり、一番深いアイデンティティにこのGoogleブログがあると思っている。

今回は、前回のような「ミッションから戦略への落とし込み」という流れを、多くのソーシャルセクターはなぜできないか、ということを簡単に考えてみたい。

■①人事戦略がない、②「競争」優先、③理念苦手

僕がネットなどを見て感心するのは、たとえばこのNPO法人フローレンスさんのページ(http://www.florence.or.jp/about/vision/)だったりするのだが、このように明確に「ビジョン→ミッション→アイデンティティ(フローレンスさんにはこの項目がある)→行動指針」という流れを明記しているソーシャルセクターのほうが圧倒的少数派だと思っている。



それはなぜか、ということを、あらためて今回は書いてみる。それを、流行りの「ミッションがあとまわしになる、3つの理由」みたいな表現で括ってみよう。

1.人事戦略が短期的だから

別の言い方をすると、「単年度の委託事業がほとんどの青少年分野において、単年度雇用したものの1年で契約解除ができす、翌年度以降のスタッフの人件費確保のため、とにかく新規の委託事業探しに必死になる」という、こう書いてしまえば身も蓋もないものの、実は全国の(子ども若者支援)NPOで起こっている現象がある。

これは、…

子ども若者と「サードプレイス」をつなぐ〜新ミッション・新ビジョン・新「行動指針」

イメージ
■やっと変更できた
2014年になりましたね。みなさま、今年もofficeドーナツトークをよろしくお願いします。
数日前、つまりは2013年の年末に、朝から晩までかかって「2014年度・戦略会議」を行ない、その前半の時間を使って新しいビジョンとミッションと行動指針を策定した。
昨年、法人設立とともに大慌てで決めたミッションほかを、昨年の実績をとりこんでより具体的なものに変更したというわけだ。
常日頃当ブログでも、「ビジョン→ミッション→行動指針→法人戦略→事業戦略→機能別戦略(人事・財務・広報等)」の流れの重要性を書いているが、肝心の自分自身の法人のミッションほかが「大雑把だなあ」と以前から気になっていた。 それをやっとのことで、日頃の提案に近いものをつくることができた。今回のブログは年始ということもあり、それを提示していくことにしよう。
■サードプレイスと「自由」
先ほど、当ホームページにもミッションほかを整理したものを掲載しておいたので、ご参照いただければ幸いだ。 ビジョン-ミッション-行動指針
あと、下にコピーするのは、戦略会議時のホワイトボード写真だ。この最終版にくるまで何度も何度も書きなおしている。

新しいビジョン・ミッション・行動指針をあらためて書いてみる。
■ビジョン(2025年に目指す社会) 子どもや若者が、社会情勢・環境(貧困等)・年齢等にとらわれることなく、それぞれの生き方を安心して選ぶことができる社会を目指す。
■ミッション(2020年に向けて当法人の使命) 10代後半の子ども若者が自由に生き方を選択できない現状を、家庭・学校/職場以外の『サードプレイス』をつくることによって解決する。
■行動指針(ミッションを具体化するための指針) ①潜在性へのアプローチ ②「サードプレイス」の推進 ③社会の、子ども若者への投資の啓発 ④子どもと若者に、人生の意味と「自由」を感じてもらう。
ポイントは、ミッションに「サードプレイス」を明記したこと。ミッションは、法人の最もやりたいことをできるだけ具体的に記述することが望ましい。
「サードプレイス」は、これまで「居場所」や「たまりば」として親しまれてきた「3つめの場所」を、より現代的学術的に示したもので、社会的に幅広く展開していく際に有効だと考える。
行動指針の③と④も重用だ。 ③は、子どもや若者に口だけではなくお金もかけましょうと呼びかけてい…