投稿

とりあえず叫べ、そしてグレコのギターを買おう

イメージ
■貧困と暴力は、我々人間社会にとっては永遠のテーマ

当欄をリニューアルしたのは、Yahoo!ニュース個人に書いたこの記事がきっかけだ。
虐待連鎖の切断のための、ビートルズ

児童虐待とは、貧困問題の中核だ。メディア上では両者は切り離されているが、児童虐待はもはや「下流階層エートス」の中心のひとつであるといってもいい。

下流層の人々は、子どもをたたくことを基本的に「しつけ」だと思っいる。それは、自分がそうやってしつけられてきたからだ。

死亡させたり大怪我させることは悪いことだが、暴言や軽くこつくことは基本的には必要悪であり、仕方のないことだと確信している。人によっては「よいこと」にそれは含まれるかもしれない。

ここで言う微妙な虐待ではなく明らかに児童虐待しない大人でも、理不尽な子どもの要求に手を焼きほったらかしにする場合があるかもしれない。
そのほったらかしは児童虐待ではないが、ほったらかされた子どもが爆音で泣くその声だけを聞いてしまう第三者は虐待だと思うかもしれない。

それだけ児童虐待は定型化しにくいものであり、無邪気に定型化する専門家の議論を聞くと、なんて人間をわかっていないんだろうと僕は思う。フォークナーやマルケス、中上健次までとは言わないが、せめて村上春樹や萩尾望都くらいは読めよと言いたくなる。

それだけ、貧困と暴力は、我々人間社会にとっては永遠のテーマだ。暴力はいやだけども、児童虐待が社会問題になったのは、ゼロ年代に発達障害が現れたのと同じく、現代社会がそれを問題化したものだと僕は基本的には考えている。

■たたく文化(どなる文化も)は、全体的に「狭い」

下流層では児童虐待は連鎖していく。それは一子相伝の文化のように、たたかれた者が当たり前のように次の「小さい人」をたたいていく。

そしてそのたたく文化(どなる文化も)は、全体的に「狭い」。上に書いたような、フォークナーやマルケスなど当然人々は知らず(実践しているが)、村上春樹さえ知らない。

彼らのしつけ/虐待文化を支えるものは紋切りテレビ文化であり、紋切り芸能文化だ。
それは、地上波テレビのバラエティやエグザイル的アレな音楽やワンピース的アレなアニメだ。

それらはヤンキー文化としてくくっても問題はない。バラエティに登場するヤンキーなタレントたちが人気があるのは、つまりはこの10年は下流層が4割の構成になり、下流…

とくしま動物園のキリン

イメージ
懐かしく、かつ庶民的で、子ども連れで賑わっており、意外と穴場な市立の動物園、それが「とくしま動物園」だ。

隣の香川県には公立の動物園はないそうで、代わりにある私立動物園は動物数は多いものの過密状態のところもあり(動物園によっては狭い檻にトラがうじゃうじゃいたりする)うんざりするが、とくしま動物園は動物数は少ないものの、見せ方を工夫していて好感がもてる。

僕は以前に北海道の旭山動物に行ったが、規模では劣るものの、コンセプトとしては似ているように思えた。

たとえば、このキリン。


ガラス越しにキリンがすぐ近くにいる。

そして、近寄ってきたりする。




子どもはみんなギャン泣きだが、大人はみんな喜んでいる。
僕も楽しかった。

話題のしろくまポロロちゃんも、近くで泳ぎまくりだ。




隣接する遊園地も、昭和していて懐かしい。
乗り物はすべて安価で庶民的だが、小さい子どもにはちょうどいい。

ホームページはここ↓
とくしま動物園

なんというか、適度に混んでいながら並ぶ必要はなく、低予算ながら工夫する意気込みが伝わってくる、そういうスピリットを感じるんですよね。

気候が良い日などは、だらっとリピートしてみようという気にもなる。

「ローカリティ」の極意のひとつだとも思いました。★




















大都市の人々の「動くこと」

イメージ
神山町というと、IT企業のサテライトオフィスが集まっていることで知られる(なぜ徳島県神山町に注目のIT企業のサテライトオフィスは集まるのか)。 それらオフィスは町のどこにあるかはよくわからないものの、カフェはネットでも簡単に検索できるので、息抜きに行ってみた。
息抜き、というのは、僕の自宅は徳島市郊外にあり、毎週末大阪から移動しているからだ。 引っ越ししてそろそろ半年経つので、移住前から意識していた「ローカリティ」という概念をもう少し練るためにも、実際に話題の地方を見ておきたかった。
行ったカフェは「かま屋」「かまパン+ストア」。 かま屋はフードハブプロジェクトhttp://foodhub.co.jpという、いわば神山町エコサイクルのひとつに組み入れることができる。

ポイントは、こうしたエコサイクルを担う人々に、どう都市の人達を組み込んでいくかということだと思う。 日本は全体として少子社会になりつつあるが、これは地方の生産年齢人口の現象という点でまず突出し始めており、それと反比例するように地方はそれぞれの魅力を磨きつある。
神山町は東京のIT企業を呼び込む力はもつ。 また、このフードハブプロジェクトもそうだが、独自のエコサイクルを築こうともしている。
が、それらを担う人々がおそらく足りない。 僕であれば、大阪の不登校・ひきこもり・ニート・貧困支援のスキルを、75万人規模の小規模県にいかに組み入れるかという課題があるが、それは、週3日この徳島県にやってくる僕という人材をどういかすかということでもある。
とりあえず僕は「動いている」。この動く人材を、どう組み入れるか。 これは、ローカルに定住している人々100%でつくるものではない。

大都市からサテライト的にやってきている企業人とピンポイントでつながるだけではなく、そうしたサテライト人の参加も含めて、大都市の人々の力をいかに地方のキーパーソンが呼び込むか、ということだと思う。
東日本大震災後に流行ったNPOを中心とした「つながり」の文化は現在ひとやすみ中に感じるが、本格的「つながり」文化を提唱するのは、この、大都市の人々の「動くこと」をどう意味づけるかだと思う。★











エヴァ新幹線は、エヴァのエントリープラグ内そのもの

イメージ
■こだまエヴァ

この前、仕事で山陽新幹線に乗った際、それがたまたま例の「エヴァンゲリオン新幹線」で、なんとなくミョーな気分というか、1号機のエントリープラグ内に乗ったまま新大阪に向かって走ったような気分になったので、ここで報告しておく。

エヴァ新幹線がデビューしたのはだいぶ前のことだと思うが、実際に僕が乗ったのは初めてだった。
午前中の、岡山から新大阪を目指す「こだま」というマニアックな車両ということもあり乗客はそれほど多くなかったのだが、それでも混んでいた。

実は最初はその新幹線がエヴァ新幹線だとは僕はわからず、「青くてビミョーな新幹線だなあ」と思いながら、いつもの自由席1号車目指してホームを歩いていた。

僕は仕事で新幹線を利用することが多く、経費節減というよりは新幹線内で静かにパソコン仕事をしたいため、混んでいる指定席は避け、時に混むグリーン車も避け、試行錯誤した挙句、「ひかり」か「こだま」の自由席1号車の先頭席に座ることが、最も静かで仕事が捗ることに気づいた。

だからこの頃は自宅や仕事場を早く出てもっぱら「ひかり」か「こだま」に乗る。
そのエヴァ新幹線に乗った日は、実家のある香川から仕事場の大阪に向けて移動するため、岡山から新幹線に乗った。
これまでのポリシーから、当然僕は「こだま」を選んだ。

■「チャンス〜」とアスカ風

そのエヴァ新幹線の「顔」はこんなかたちだった。


最初の「ビミョーだなあ」はすぐに消え去り、「チャンス〜」とアスカ風のセリフがついつい漏れたあとは、撮影おじさんに僕は変身した。
だが、エヴァ新幹線は所詮「顔」だけだろうと思っていた僕が甘かった。

「顔」を撮影したとき、エヴァ新幹線のドアやホームや窓等、岡山駅ホームで走りながらあらゆる角度からスマホを構える謎の中年おしゃれ女性の姿が気になっていたのだが、その方は僕が新大阪までエヴァ新幹線に乗っている間、30回は目撃した。

要するにその方は「おたエヴァ女子」で、僕も「おたエヴァおじさん」なので、同類だ。その方意外にも、エヴァ新幹線内のあちこちで仲間たちとすれ違った。

圧巻は、いつも僕が乗る「こだま」1号車は展示専用となっており、こんなふうだった。




乗務員さんもノリノリで記念撮影に応じてくれる。ちなみに、この1号車の入り口は数人の行列となっている。
いつも仕事で座る席はどこにもなし。1号車全体がエ…

NPOはなぜ走る?〜「読書会で寄付」があってもいい

僕はいまだにわからないのだが、青少年支援NPO関係者はよくマラソンする。そのことがチャリティーや寄付につながり、大阪マラソンでも大々的な宣伝されている(第7回大阪マラソン チャリティ寄付先団体公募のお知らせ)。

こう大々的に宣伝されると、マラソンと寄付は何か歴史的文脈でもあるのだろうかと説得されそうになるのだが、僕の不勉強のせいかこの2つの要素になかなかつながりを見いだせない。

が、大阪マラソンの宣伝では、この「長距離を走ること」と「社会貢献すること」が自然に結びつくように語られ、読むほうもそんなものかなあと納得しそうになる。

が、これは別にマラソンの必要はない。
たとえば、ロックイベントでもいいし、秋の収穫祭でもいいし、日本各地であるお祭りでもいい。
とにかく、何か賑やかそうなことと、「社会貢献」は無理するとお互いの文脈をつなげることはできる。

あるいは、「読書会」みたいな文系のイベントでもいいし、何かのお芝居でもいいし映画の上映会でもいい。
人が集まり、何かを真面目に追求する時、そこに「ソーシャル」性が生じると思う。

むしろ「マラソン」は、そのストイックな面から真面目すぎて気持ち悪い。

もっと、たとえば漫才とかコントとかいったお笑いイベントの中にソーシャル性を含ませたほうが、ある種の皮肉も効いていて健全だと思う。

せめて、もう少し文系的イベントで寄付や社会貢献できないものか。

あ、じゃあ僕、何かの読書会で「ソーシャル」してみようかな。
たとえば、村上春樹の『1Q84』の一シーン(「教祖」が死ぬシーンとか)とか。
マラソンは、何か健全すぎて気持ち悪いのだ。★

11/26(土)15:00〜17:00、 「ソーシャルDJ②NPOはなぜ走る?」をFacebook公開ライブ動画でお送りします。詳しくは下記Facebookイベントページ参照。みなさま、どうぞよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/events/1104953649570883/








「べき」のマーケティング〜べきばっかりでウンザリ

どうも5年くらい前から鼻について仕方ないのだが、あちこちのエッセイや記事のタイトルに「〜すべき◯◯」みたいな感じでさらっと主張しているものが目立つ。

まあそのうちなくなるだろうと流していたのだが、いつまでたってもその手のタイトルは撲滅されず、いろんな単語をくっつけていつまでも残っている。

たとえば今日のFacebookタイムラインで見ただけでも、「プログラミングは小学生からすべき」とか、その他「〜すべき」がたくさん出てくる。
その中身はどうでもいいのだが、「べき」の押し付け感が僕にはうっとおしい。

べきは、言い換えると規範のことで、「学校に行くべき」とか「仕事をすべき」とか、そうした典型的規範を中心として、単なる広告コピーや本のタイトルなんかも含めると、もう我々の社会はそんなのばかりだ。

せめてエッセイとかタイトルくらいはもっと自由な適当なものであってほしいのだが、油断したら「べき」が目に入ってくる。

それどころか、「べきのマーケティング」とでも言っていいほど、「べき」は売れるあるいはヒットするのかもしれない。

べきを何気ないことばにくっつけると、新規な感じになり、人々の注目を集める。
そんな社会の雰囲気になったようだ。

僕自身は、不登校支援やひきこもり支援の中で、登校規範や仕事規範と長年にわたって向き合ってきたので、すっかり脱力してしまう。
「べき」が売れるって、なんだかなあ。★

A little voices urging me My Ghost.

■最終的には直感で決める

50才を過ぎてどんどんすべてが楽になってきているこの頃、「ゴーストという他者からの呼び声に突き動かされる」という、哲学者やアニメ監督のメッセージが素直にわかるようになってきた。

僕は、何かを「決定」する際、何かを始めるとき、最終的には直感で決めている。
その直感は、自分の内面から湧き出ているようでいて外から入り込んでくるようにも思え、哲学や精神分析で「他者」とか「不気味なもの」ととりあえず名付けられているものに近いんだろうな、と思っている。

『攻殻機動隊』の決めゼリフ「ゴーストのささやき」も同じようなもので、あれは最初は、主人公の草薙素子が広大なネット世界を通して伝わってくるさまざまなメッセージから感じ取るものの総称だったはずだが、それは同時に「決定」時の神秘的なメカニズムの要因とも受け取れる場面で現れた。

■プラスαなもの

A little voices urging me My Ghost.

ゴーストが私にささやくを英語にするとこんな感じになるらしいが、このゴーストは、「魂」でもあるし他者からの呼び声でもある。
魂の入っていない存在(アンドロイド)を攻殻機動隊では「ゴーストのない」などと表現され、ゴーストが入った状態がヒトになる。

攻殻機動隊ではネット世界に草薙素子は存在しており、そこから現実の「義体」に草薙素子の「データ体」のようなものが入り込むと、その義体は草薙素子のものとして動き始める。

それはデータ体と書くと何かが違ってくる。データの集積が草薙素子ではないし、かといって物理的身体は義体だからデータ体が入り込むまでは黙って座り込んでいる。

データの集積と、草薙素子という人格の区別は、「ゴースト=魂」としか表現できないプラスαなものがあるかどうか、のようだ。

この、魂と身体を明確に区別する発想も古いが(魂は皮膚のすべてに、身体のあらゆる場面に宿り、それら身体中に散らばる魂こそがその人そのものである、というのが哲学の最近の常識だと思う)、妙に説得力があるのもこの「ゴースト」ということばがもつ響きと意味だ。

■時空を超えて

ゴーストは他者の総称でもある。他者は、時間や空間に縛られず、生身の肉体を有する人間存在だけを意味しもしない。

石ころのような無機物も他者であり、韓国や日本の言い伝えにもあるように、石にも何かが宿っている。

また石…